オリゴ糖で林檎きんとん

レシピ2017/12/27

Twitterでつぶやくいいね!
善玉菌のエサとなるオリゴ糖は、腸内環境を整えてくれます。今年はおせちの定番メニューに使って、優しい甘みのきんとんに♪

このレシピの対象疾患・病期:クローン病・潰瘍性大腸炎(寛解期)

オリゴ糖で林檎きんとん

栄養価(1個分)

エネルギー 54kcal
たんぱく質 0.4g
脂質 0.1g
炭水化物 12.9g
食物繊維 0.9g
食塩相当量 0.0g

材料(8個分)

さつまいも 小2本
りんご 1/2個
白ワイン 大さじ1
オリゴ糖 ※1 大さじ1/2
オリゴ糖 ※2 大さじ1
栗甘露煮 2個

作り方

1.りんごは皮をむいて1cm角の角切りにし、白ワイン・オリゴ糖と一緒に煮ておく。
ポイントオリゴ糖の代わりに砂糖でも代用できますが、砂糖で作る場合はオリゴ糖の分量よりも少なめがおすすめです。
1
2.さつまいもは皮をむいて2〜3cm幅の輪切りにして軽く水にさらし、水から茹でる。熱いうちに裏ごしする。
ポイントフォークやマッシャーで潰してもよいですが、裏ごしすることでなめらかな口当たりに仕上がります。
2
3.煮たりんごと、裏ごししたさつまいも、オリゴ糖を混ぜ合わせる。
3
4.ラップを使い、8等分に丸める。
ポイントラップを捻るように包むと、きれいな模様がつきます。
4
5.栗の甘露煮を4等分に切り、丸めたさつまいもの中央に飾って完成。
5

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士・スポーツ栄養専門士(公認スポーツ栄養士取得予定)

優生

自身もIBD患者である病院栄養士。予防医療の普及や女性や子供の健康のために活動する、Luvtelli東京&New York公認カウンセラーとしても活動。得意分野はスポーツ栄養と予防栄養。
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
無料で会員登録
無料で会員登録