鮭の香味ホイル焼き

レシピ2018/1/15

Twitterでつぶやくいいね!
ホイルに包んで蒸し焼きにするため軟らかく仕上がります。鮭に含まれているn-3系の脂質を野菜に浸み込ませて摂取できます。鮭は魚の中でも、特にたんぱく質が多く含まれています。

このレシピの対象疾患・病期:クローン病・潰瘍性大腸炎(軽度活動期~寛解期)

鮭の香味ホイル焼き

栄養価(1人分)

エネルギー 151kcal
たんぱく質 21.2g
脂質 3.8g
炭水化物 7.0g
食物繊維 1.5g
食塩相当量 1.5g

材料(1人分)

生鮭 1切れ
玉ねぎ 中1/4個(40g)
セロリ 3cm分(30g)
にんじん 3cm分(25g)
白ネギ 3cm分(15g)
少々
胡椒 少々
醤油 大さじ1
小さじ2
レモン 1/4個

作り方

1.玉ねぎは、半分に切ったものを4等分にカットする。にんじんは千切りにする。セロリは筋を取り除いてから、千切りにする。白ネギは、中の芯を取り除いてから、千切りにする。
1
2.鮭には、軽く塩・胡椒する。
2
3.アルミホイルを30cm×25cm程度にカットしたものを1枚準備する。アルミホイルを広げ、まず玉ねぎを下に敷く。分量の醤油と酒を混ぜ合わせておく。
3
4.3の玉ねぎの上に2の鮭をのせる。さらにその上に千切りにした、にんじん、セロリ、ネギをのせ、混ぜ合わせた調味料をかけアルミホイルで包む。
ポイント調味料が液体なので、焼いている時に漏れ出さないように、アルミホイルは、底を高めにして包むようにする。
4
5.フライパンに4を並べ、蓋をして、中火で約10分焼く。焼きあがったら、器に盛り付け、櫛型に切ったレモンを添える。
4

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士

Izumi Ohba

病院栄養士、調理師養成専門学校教員などを経て、現在は介護福祉施設栄養士。家族がIBD患者。得意分野は嚥下調整食。簡単で、すぐできて、おいしいレシピ作りを心がけています。彩り豊かで楽しいお食事を!!
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
無料で会員登録
無料で会員登録