なすとくずし豆腐の冷やし汁

レシピ2018/6/11

Twitterでつぶやくいいね!
食欲がない時にも、スッと飲める冷やし汁です。炎症を抑えるn-3系脂肪酸を含むアマニ油をプラスすることで、エネルギーをアップしています。

このレシピの対象疾患・病期:潰瘍性大腸炎、クローン病(寛解期~軽度活動期)

なすとくずし豆腐の冷やし汁

栄養価(1人分)

エネルギー 100kcal
たんぱく質 4.5g
脂質 6.9g
炭水化物 5g
食物繊維 1.5g
食塩相当量 1.4g

材料(2人分)

なす 小1個
豆腐 1/3丁(100g)
2カップ(400ml)※蒸発分も含む
和風だしの素 小さじ1/2
あわせ味噌 大さじ1
すりごま 小さじ1
アマニ油 小さじ2

作り方

1.なすは皮を全てむき、1cm角のサイコロ状に切って、水にさらす。
ポイントなすはアクが強いので、水にさらしてアク抜きをすると穏やかな味になります。
なすは皮を全てむき、1cm角のサイコロ状に切って、水にさらす。
2.豆腐はペーパータオルに包んでお皿にのせ、電子レンジ500Wで1分加熱し、水切りをする。
豆腐はペーパータオルに包んでお皿にのせ、電子レンジ500Wで1分加熱し、水切りをする。
3.鍋に水とだしの素を入れ、水気を切った1を加え、やわらかくなるまで煮る。
鍋に水とだしの素を入れ、水気を切った①を加え、やわらかくなるまで煮る。
4.なすがやわらかくなったら味噌を入れる。その中に、2の豆腐を手でくずしながら入れる。粗熱を取り、冷蔵庫で冷やす。
なすがやわらかくなったら味噌を入れる。その中に、②の豆腐を手でくずしながら入れる。粗熱を取り、冷蔵庫で冷やす。
5.食べる直前に冷蔵庫から取り出して、器に盛り付け、すりごまをふりかけ、アマニ油をたらす。
ポイント体調が思わしくない時、夏でも少し肌寒い日には、温かくしてもおいしくいただけます。
食べる直前に冷蔵庫から取り出して、器に盛り付け、すりごまをふりかけ、アマニ油をたらす。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士

Izumi Ohba

病院栄養士、調理師養成専門学校教員などを経て、現在は介護福祉施設栄養士。家族がIBD患者。得意分野は嚥下調整食。簡単で、すぐできて、おいしいレシピ作りを心がけています。彩り豊かで楽しいお食事を!!
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事