ビタミンたっぷりオレンジポタージュ

レシピ2018/8/24

Twitterでつぶやくいいね!
「ビタミンは加熱に弱い」というイメージを持つ方が多いかもしれませんが、全てが壊れるわけではありません。炎症の程度によっては、生野菜はなかなか食べづらいもの。ビタミンの摂取量を減らさないために、ビタミンCやβ-カロテンの王様のような野菜たちを、たっぷりと摂れる優しいポタージュです♪

このレシピの対象疾患・病期:潰瘍性大腸炎・クローン病(活動期~寛解期)

ビタミンたっぷりオレンジポタージュ

栄養価(1人分)

エネルギー 107kcal
たんぱく質 2.8g
脂質 3.8g
炭水化物 16.3g
食物繊維 3.8g
食塩相当量 0.5g

材料(4~5人分)

かぼちゃ 1/4個
にんじん 1本
黄パプリカ 1/2個
赤パプリカ 1/2個
玉ねぎ 1/2個
300ml
コンソメ 4.5g
豆乳 200ml
適量
ブラックペッパーやパセリ 適量
オリーブオイル 適量

作り方

1.玉ねぎ、パプリカ、にんじんを適当な大きさに切る。
玉ねぎ、パプリカ、にんじんを適当な大きさに切る。
2.かぼちゃは皮を除いて、3cm角程度に切る。
かぼちゃは皮を除いて、3cm角程度に切る。
3.全ての野菜と水を圧力鍋に入れ、高圧で5分加熱し、圧が下がるまで放置する。
ポイント普通の鍋の場合は蓋をして火にかけ、沸騰したら弱火で15分程度煮る。野菜が柔らかくなればOK。
全ての野菜と水を圧力鍋に入れ、高圧で5分加熱し、圧が下がるまで放置する。
4.圧が下がったら蓋を開け、ブレンダーで滑らかになるように撹拌する。
ポイントブレンダーがなければ、粗熱をとってからミキサーにかける。
圧が下がったら蓋を開け、ブレンダーで滑らかになるように撹拌する。
5.コンソメを加えてひと混ぜしたら、豆乳を加えて沸騰直前まで温める。最後に塩で味を調える。
6.器に盛り、お好みでブラックペッパーやパセリを散らし、オリーブオイルをたらす。
ポイントオリーブオイルのほか、アマニ油やえごま油でも良質な脂質を摂ることができます。オイルはβ-カロテンの吸収をアップさせるため、脂質制限のある方も少量かけることをおすすめします。
器に盛り、お好みでブラックペッパーやパセリを散らし、オリーブオイルをたらす。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士・スポーツ栄養専門士(公認スポーツ栄養士取得予定)

優生

自身もIBD患者である病院栄養士。予防医療の普及や女性や子供の健康のために活動する、Luvtelli東京&New York公認カウンセラーとしても活動。得意分野はスポーツ栄養と予防栄養。
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事