サラダチキンで低脂肪!わんぱくサンド

レシピ2018/9/3

Twitterでつぶやくいいね!
インスタ映え!断面萌え♪と、今話題の「わんぱくサンド」。食べ応えは十分に、脂肪を控えた組み合わせ。繊維質の多い野菜の使用も控えつつ、カラフルな断面を作りました。サンドイッチひとつで楽しいピクニックにも、栄養満点のランチにもなります♪

このレシピの対象疾患・病期:潰瘍性大腸炎・クローン病(寛解期)

サラダチキンで低脂肪!わんぱくサンド

栄養価(1/2個分)

エネルギー 321kcal
たんぱく質 24.2g
脂質 7.4g
炭水化物 39.1g
食物繊維 3.2g
食塩相当量 3g

材料(1個分)

食パン 2枚
カッテージチーズ(裏ごしタイプ) 小さじ2杯
ズッキーニ 大1本
オリーブオイル 適量
適量
1個
サラダチキン 1枚
にんじん 1/2本
ノンオイルドレッシング 大さじ1/2
レタス 適量

用意するもの

ラップ
よく切れる包丁

作り方

1.サラダチキンとゆで卵はスライスし、レタスは洗って水気を切る。にんじんは千切りにし、耐熱皿に入れてラップをかけ、電子レンジ600wで50秒加熱。ドレッシングと和える。ズッキーニは1cm幅の輪切りにし、薄くオリーブオイルを引いたフライパンでソテーしておく。
ポイントにんじんは、ご家庭のレンジ機能に合わせ、様子を見ながらしんなりするまで加熱してください。
サラダチキンとゆで卵はスライスし、レタスは洗って水気を切る。にんじんは千切りにし、耐熱皿に入れてラップをかけ、電子レンジ600wで50秒加熱。ドレッシングと和える。ズッキーニは1cm幅の輪切りにし、薄くオリーブオイルを引いたフライパンでソテーしておく。
2.食パンの内側にカッテージチーズを塗る。
食パンの内側にカッテージチーズを塗る。
3.ズッキーニ、ゆで卵、サラダチキン、にんじん、レタスの順に重ね、食パンで挟む。
ポイント中央で切ることをイメージして真ん中に寄せるように具を重ねると、切ったときにきれいな断面になります。
ズッキーニ、ゆで卵、サラダチキン、にんじん、レタスの順に重ね、食パンで挟む。
4.パンを押さえながらしっかりとラップを巻き、15分程度馴染ませてから、ラップのまま真ん中を包丁で切る。
ポイントラップはきつめに巻きましょう。
パンを押さえながらしっかりとラップを巻き、15分程度馴染ませてから、ラップのまま真ん中を包丁で切る。
5.クッキングシートで包む。
クッキングシートで包む。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士・スポーツ栄養専門士(公認スポーツ栄養士取得予定)

優生

自身もIBD患者である病院栄養士。予防医療の普及や女性や子供の健康のために活動する、Luvtelli東京&New York公認カウンセラーとしても活動。得意分野はスポーツ栄養と予防栄養。
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事