お腹にやさしいブロッコリーポタージュ

レシピ2019/3/11

Twitterでつぶやくいいね!
野菜の中でも特に栄養価の高いブロッコリーを、消化する際に負担のかかりにくいポタージュスープにしました。バターを使って炒める工程がないため、低脂肪で優しい味わいのポタージュです。きれいなグリーンが春の食卓を彩ります♪

このレシピの対象疾患・病期:潰瘍性大腸炎・クローン病(軽度活動期〜寛解期 )

消化にやさしいブロッコリーポタージュ

栄養価(1人分)

エネルギー 95kcal
たんぱく質 5.2g
脂質 3.9g
炭水化物 11g
食物繊維 2.5g
食塩相当量 1.5g

材料(2~3人分)

ブロッコリー 小1/2房
玉ねぎ 小1/2個
200ml
コンソメ 4.5g(マギー無添加コンソメ1本分)
豆乳 200ml
クルトン お好みで

作り方

1.玉ねぎはスライス、ブロッコリーは小房に分けて茹でておく。
玉ねぎはスライス、ブロッコリーは小房に分けて茹でておく。
2.鍋に水とコンソメを入れ、沸騰したら玉ねぎを加えて煮る。
ポイント玉ねぎが透き通ってきて、柔らかくなったらOKです。
鍋に水とコンソメを入れ、沸騰したら玉ねぎを加えて煮る。
3.ブロッコリーを加えてひと煮立ちさせる。
ブロッコリーを加えてひと煮立ちさせる。
4.ブレンダーで全体を撹拌し、なめらかなスープ状にする。
ポイントブレンダーがない場合は、ミキサーにかけた後、鍋に戻します。
ブレンダーで全体を撹拌し、なめらかなスープ状にする。
5.4に豆乳を加えて沸騰直前まで温め、カップに注ぎ、お好みでクルトンをトッピングする。
ポイントトッピングは、パセリやブラックペッパー、刻んだブロッコリーなどでも良いです。
4に豆乳を加えて沸騰直前まで温め、カップに注ぎ、お好みでクルトンをトッピングする。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士・スポーツ栄養専門士(公認スポーツ栄養士取得予定)

優生

自身もIBD患者である病院栄養士。予防医療の普及や女性や子供の健康のために活動する、Luvtelli東京&New York公認カウンセラーとしても活動。得意分野はスポーツ栄養と予防栄養。
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる