低脂肪・高たんぱく!大豆ミートのふわふわそぼろ

レシピ2019/4/25

Twitterでつぶやくいいね!
低脂肪・高タンパクな大豆ミートで作るそぼろは、お肉で作るそぼろよりもふわふわ食感♪ 日持ちするので、お弁当や常備菜におすすめです!

このレシピの対象疾患・病期:潰瘍性大腸炎・クローン病(寛解期)

大豆ミートのふわふわそぼろ

栄養価(1人分)

エネルギー 67kcal
たんぱく質 6.8g
脂質 0.03g
炭水化物 9.3g
食物繊維 2.1g
食塩相当量 0.7g

材料(4人分)

大豆ミート ミンチタイプ 50g(乾燥)
てんさい糖 大さじ1
大さじ1
みりん 大さじ1
醤油 大さじ1
すりおろし生姜チューブ 小さじ1

作り方

1.大豆ミート50gと調味料をそれぞれ大さじ1、生姜チューブ小さじ1を用意する。
大豆ミート50gと調味料をそれぞれ大さじ1、生姜チューブ小さじ1を用意する。
2.沸騰したお湯に大豆ミートと生姜のスライス2切れ(分量外)を入れ、4分茹でる。
ポイント生姜と一緒に茹でることで、大豆ミート独特の匂いを軽減できます。苦手な方は、生姜なしで茹でてもOKです。
沸騰したお湯に大豆ミートと生姜のスライス2切れ(分量外)を入れ、4分茹でる。
3.茹で上がったらザルに上げて生姜を取り除き、水洗いして水気をよく絞る。
ポイント匂いが気になる場合は、水洗いと絞るのを、2~3回繰り返します。
茹で上がったらザルに上げて生姜を取り除き、水洗いして水気をよく絞る。
4.鍋に大豆ミートとすべての調味料、生姜を入れる。
鍋に大豆ミートとすべての調味料、生姜を入れる。
5.汁気が無くなり大豆ミートがふんわりするまで、混ぜながら火にかける。
汁気が無くなり大豆ミートがふんわりするまで、混ぜながら火にかける。
6.粗熱が取れたら容器に入れ、冷蔵庫で2~3日保存可能。
ポイントご飯にかけたり、おにぎりの具にしたり、卵焼きに混ぜたり、アレンジをお楽しみください。
粗熱が取れたら容器に入れ、冷蔵庫で2~3日保存可能。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士・スポーツ栄養専門士(公認スポーツ栄養士取得予定)

優生

自身もIBD患者である病院栄養士。予防医療の普及や女性や子供の健康のために活動する、Luvtelli東京&New York公認カウンセラーとしても活動。得意分野はスポーツ栄養と予防栄養。
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる