菜の花としらすの春色ちらし寿司

レシピ2020/2/7

Twitterでつぶやくいいね!
旬の菜の花を使ったちらし寿司!繊維が豊富ですが、調理のひと工夫で食べやすくしました。ビタミンB群β、-カロテン、ビタミンC、カルシウムなど、豊富な栄養を美味しく、楽しくいただきましょう!

このレシピの対象疾患・病期:潰瘍性大腸炎・クローン病(寛解期)

菜の花としらすの春色ちらし寿司

栄養価(1人分)

エネルギー 354kcal
たんぱく質 9.4g
脂質 2.2g
炭水化物 71g
食物繊維 3.9g
食塩相当量 1.9g

材料(2人分)

菜の花 60g
しらす 15g
1/2個
だし汁 大さじ1
ご飯 1合
★酢 大さじ1.5
★砂糖 大さじ1
★塩 小さじ1/2

作り方

1.菜の花をよく洗い、茎とつぼみに分けて切る。鍋に湯を沸かして塩を入れ、菜の花の茎から入れる。30秒経ったら、つぼみを入れ、さらに30秒茹でる。茹で上がったら、ざるに上げて冷ます。
菜の花をよく洗い、茎とつぼみに分けて切る。鍋に湯を沸かして塩を入れ、菜の花の茎から入れる。30秒経ったら、つぼみを入れ、さらに30秒茹でる。茹で上がったら、ざるに上げて冷ます。
2.★の調味料を混ぜ合わせてすし酢を作っておく。
★の調味料を混ぜ合わせてすし酢を作っておく。
3.1の水分を絞り、茎は小口切りにし、つぼみは飾り用に分けておく。
1の水分を絞り、茎は小口切りにし、つぼみは飾り用に分けておく。
4.卵にだし汁を加えて溶き、くっつかないホイルシートを敷いたフライパンで薄く焼き、錦糸卵を作る。
卵にだし汁を加えて溶き、くっつかないホイルシートを敷いたフライパンで薄く焼き、錦糸卵を作る。
5.温かいご飯に2のすし酢を加えて切るように混ぜ合わせる。すし飯ができたら、小口切りにした菜の花としらすを加え、切るように混ぜ合わせる。
ポイント炊飯器にすし飯モードがあれば、すし飯用の水分量で炊き上げてください。すし酢は2~3回に分けて加えると、上手く混ざります。
温かいご飯に2のすし酢を加えて切るように混ぜ合わせる。すし飯ができたら、小口切りにした菜の花としらすを加え、切るように混ぜ合わせる。
6.5を器に盛りつけ、錦糸卵を散らして、3のつぼみを飾る。
5を器に盛りつけ、錦糸卵を散らして、3のつぼみを飾る。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士・スポーツ栄養専門士(公認スポーツ栄養士取得予定)

優生

自身もIBD患者である病院栄養士。予防医療の普及や女性や子供の健康のために活動する、Luvtelli東京&New York公認カウンセラーとしても活動。得意分野はスポーツ栄養と予防栄養。
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる