枝豆とじゃがいもの冷たいスープ

レシピ2020/8/24

Twitterでつぶやくいいね!
夏が旬の枝豆を、暑さで食欲がないときにも食べやすい、冷たいポタージュスープにしました。油で炒める工程がないので脂質も控えめ。優しいグリーンが、食卓をさわやかに彩ってくれます。

このレシピの対象疾患・病期:潰瘍性大腸炎・クローン病(軽度活動期〜寛解期)

枝豆とじゃがいもの冷たいスープ

栄養価(1人分)

エネルギー 132kcal
たんぱく質 7.4g
脂質 3.6g
炭水化物 17.8g
食物繊維 8g
食塩相当量 1.1g

材料(2人分)

冷凍枝豆(むき身) 50g
じゃがいも 1個
コンソメ 5g
150ml
豆乳 150ml
ブラックペッパー、パセリ(省略可) 適量

作り方

1.じゃがいもは皮をむき、半月切りにする。枝豆は解凍しておく。
じゃがいもは皮をむき、半月切りにする。枝豆は解凍しておく。
2.鍋にじゃがいもと水、コンソメを入れて火にかけ、じゃがいもがやわらかくなるまで煮る。
3.枝豆を加えて一煮立ちしたら、滑らかになるまでブレンダーで撹拌する。
ポイントミキサーでもOKです。
枝豆を加えて一煮立ちしたら、滑らかになるまでブレンダーで撹拌する。
4.豆乳を加えて混ぜ、冷蔵庫で冷やす。
豆乳を加えて混ぜ、冷蔵庫で冷やす。
5.器に盛り付け、お好みでブラックペッパーやパセリなどを散らす。
器に盛り付け、お好みでブラックペッパーやパセリなどを散らす。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

優生

自身もIBD患者である管理栄養士。予防医療の普及や女性や子供の健康のために活動する、Luvtelli東京&New York公認カウンセラーとしても活動。得意分野はスポーツ栄養と予防栄養。
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる