ちょっとごちそう・ロール寿司

レシピ2017/12/27

Twitterでつぶやくいいね!
来客時にもさっと作れるお寿司です。ご自身の身体に合うもので作り、おもてなしメニューを一緒に楽しみませんか?食材は薄切り・下味がついていれば合わせやすいので、お好みでどうぞ。

このレシピの対象疾患・病期:クローン病・潰瘍性大腸炎(寛解期)

ちょっとごちそう・ロール寿司

栄養価(3種6切 1/3量)

エネルギー 442kcal
たんぱく質 14.8g
脂質 4.1g
炭水化物 81.9g
食物繊維 0.8g
食塩相当量 1.7g

材料(3種 各6切)

酢飯

ごはん(2合弱) 600g
グラニュー糖 大さじ1
3つまみ
米酢 大さじ4
柑橘類の果汁 小さじ2

A…ローストビーフ 60g
A…青しそ 小3枚
A…しょうゆ 小さじ1
A…煮切りみりん 小さじ1
B…スモークサーモン 60g
A…きゅうり 10g
C…サラダ大根 30g
C…柑橘類の果汁 大さじ1
C…塩 ひとつまみ
C…青しそ 小5枚
好みの薬味 適宜

作り方

1.酢飯を作る
①炊き立てのごはん(冷めていたらしっかり加熱する)に分量の調味料を振り入れ、しゃもじで切るように混ぜる。広げて冷ましておく。
②①を3等分し、そのうち1つに柑橘類の果汁をふる。それぞれ広げたラップに乗せてくるみ、20cm位の棒状に形づくる。
ポイントごはんはかんたん昆布だしでたくとさらにおいしくできます。ロールに形づくるときは巻きすで締めると簡単です。
1
2.ロール寿司に仕上げる
A.しょうゆと煮切りみりんをレンジ(500W)で10~15秒加熱し、たれを作る。
広げたラップにローストビーフとしそを20cmぐらいの長さになるよう重ね、たれをさっと塗る。棒状にした酢飯をのせてラップごと包み、酢飯と具を密着させる。
B.広げたラップにスモークサーモンときゅうりを交互に20cm位の長さになるよう重ね、棒状にした酢飯をのせてラップごとに包み、酢飯と具を密着させる。
C.サラダ大根は薄切りにして柑橘類の果汁・塩を振って10分ほど置く。4枚ほど親指・人差し指で持ち、指をずらすようにして広げたものをラップの上に置き、青しそと交互に20cm位の長さになるよう重ねる。柑橘の果汁を振り棒状にした酢飯をのせてラップごと包み、酢飯と具を密着させる。
ポイント表にかえした時を考えて具を重ねます。美味しそうなデザインを考えるのも楽しいものです。
22
3.盛り付ける
ローストビーフにはたれを塗る。一皿に並べて3cm幅(6等分)に切り分ける。
ポイント薬味はわさび・マスタード・黒こしょう・山わさびなど添えて、好みで使ってもらいましょう。切るときは、包丁を水で濡らして前後にスライドさせるように切ってください。1本を6等分すると18切となり、1人分6切の栄養価を示しました。集まる人数によって切り方・個数の調整ができるところも、便利なお寿司です。
3

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士 病態栄養認定管理栄養士 糖尿病療養指導士

shiroyama365

医療・福祉の管理栄養士から現在は学校勤務。
NPO食事療法サポートセンターにて活動中。
得意分野は慢性期複合病態の栄養・食事支援。
いつものごはんが楽しくありますように♪
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事